上手に相談するために

税理士に相談をする時にうまく相談するためには、まず税理士がどのような仕事を行うのかを知っておく必要があります。税理士が行う仕事の内容としては、税金の申告や申請の代理、税務署類の作成や税務調査の立ち合い、そして税務相談など基本的に税金が関わる場面です。しかし一方で節税などの仕事は税金に絡んでいても、厳密にいうと税理士の仕事ではないため積極的に相談に乗って貰えない場合もあります。税理士の仕事を知っておけば、そういった税理士の仕事ではない部分の相談にも乗って貰えるかどうかを判断しやすくなり、より信頼できる税理士に相談する事ができます。

また、会社設立のどういった場面で税理士に相談するのかも知っておきましょう。会社設立で税理士への相談が必要となるタイミングとしては、起業前、創業初期、資産導入や決算書・税務申告書を作成するタイミングなどがあります。これら税理士への相談が必要となるタイミングを知っておくと、いざその場面になった際にすぐに相談をする事ができ、迅速な対応をしてくれる税理士ならばトラブルの早期解決にもつながります。税理士に相談する場面がわかっていれば、余計なタイミングで相談をしてしまうという事も減りますので、手間を省くという意味でも重要です。

税理士に会社設立での相談を上手にするためには、どういったタイミングで相談するのかを知っておく事が非常に重要です。きちんと相談するタイミングや、税理士の仕事を知っておく事で上手な相談ができるようになるでしょう。